院長紹介

自分自身が乾癬患者であることから皮膚にトラブルのある方の悩みにすぐに共感できます。

自身が乾癬患者であることから皮膚にトラブルのある方の悩みにすぐに共感できます。

当院のホームページをご覧頂き誠に有難うございます。
私は幼少時から皮膚疾患(乾癬)を患っていたことから、医学、皮膚、皮膚疾患、そして皮膚にトラブルをもつ人に興味を抱き、医師を目指すようになりました。幸運にも実際に皮膚科医になることができ、皮膚にトラブルを抱える方々に接し、共感できる喜びとともに主に大学病院、県立病院で様々な皮膚疾患の診療に携わってきました。この経験を活かして地域医療に貢献したいと考え、当クリニックを開設致しました。
「いいそら」は皮膚が綺麗になったときの晴れ晴れとした気持ちを表すとともに、「乾癬」が英語で「Psoriasis(そらいあしす)」と名付けられているため、そこから大分弁の「そりゃいいっす」を連想、それを逆にして「いいそら」としました。

いいそらヒフ科クリニック 院長 佐藤俊宏

いいそらヒフ科クリニック 院長 佐藤俊宏

[略歴]
  • ・平成3年  健和会大手町病院
  • ・平成4年  大分医科大学皮膚科
  • ・平成6年  大分県立病院皮膚科
  • ・平成8年  大分医科大学(平成14年~講師)
  • ・平成14年 大分県立病院(16年〜部長)
  • ・平成28年 ヒフ科クリニック開設
[所属学会]
  • ・日本皮膚科学会(代議員)
  • ・日本乾癬学会
  • ・日本臨床皮膚科医会
  • ・日本形成外科学会